着物はレンタルがいいか

着物はレンタルがいいか
着物はレンタルがいいか

レンガ色のジャケット

主人と初めて会った時は彼の着ているレンガ色のジャケットがあまりに印象的でした。
レンガ色なのかどうかもわかりません。
その色といい形といいどこの国の人だろうかと思うようなファッションです。
そのため彼そのものには少しも注意がいきませんでした。
あとでわかったのですが、その不思議なジャケットはもらい物で、夫のワードローブのほとんどはだれかのおさがりだったのです。
そういう環境もまれです。
よほど大家族でないかぎりだれかのお下がりをきる機会というのはそうあるものではありません。
おさがりというのか買ったけどほとんど着なかったというものです。
ですから彼が着ているのは年齢も好みもいろいろでした。
結婚してからは私が進んで買うようになり、ケースの中の変な服は勝手に捨てました。
物を大事にしたい派の主人はなかなかすてたがりません。
私も大事にしたい派ですがさすがにおじいさんでも着ないような変な土色の服は雑巾にするしか他はありません。
今思うとそのころと比較すれば主人はずいぶんおしゃれになったと思います。
私からすれば十分イケメンなのでおしゃれにしていてほしいと思うのです。
しかし結婚して夫のことが優先で自分のことはずいぶん無頓着になりました。

注目情報